11月 062015
 

GT Journalメインページにて、ドイツ旅行記の5日目・6日目を更新し、ようやく完結しました^^;;

 

5日目は下記画像をクリック

nur10

5日目はニュルブルクリンクの走行編です。

まあ一言で言って「ダメダメ」なのですが、とりあえず記事にはしましたよ(笑)

 

6日目は下記画像をクリック

IMG_5096

6日目、すなわち最終日なので、フランクフルト周辺を観光しました。

教会を巡り、ゲーテの家に行きました。

 

長かったドイツ旅行記(長くしたのは自分か^^;;)もこれにて完結です。

次回からはようやく、北海道グランド・ツーリングの記事を掲載していきます。お楽しみに!

ホームへ戻る

 Posted by at 23:07
10月 162015
 

GT Journalメインページにて、ドイツ旅行記の1日目・2日目・3日目を更新しました。

 

1日目は下記画像をクリック

IMG_6664

1日目は12時間の飛行機の移動のみです^^;;

初めて乗るドイツの鉄道S-Bahnで早速苦戦しますが、なんとかミュンヘンに着きました。

 

2日目は下記画像をクリック

IMG_4004

2日目はドイツ一の観光地、ノイシュバンシュタイン城へ行きました。

 

3日目は下記画像をクリック

IMG_4508

3日目はポルシェ・ミュージアムへ行き、その後はハイデルベルクへ。

絵画の世界のような美しい街並みに感動した1日でした。

 

4日目、5日目、6日目はまだ作成中です・・・

ホームへ戻る

 Posted by at 23:05
8月 312015
 

“ニュルで見かけた〜編”シリーズ最終回です。

最終回を飾るのは、やはりスーパーカー。

ニュルブルクリンクは世界中からクルマ好きが集まるということは、アノお金持ち大国アラブからも来るわけですが・・・

IMG_4920Ferrari 458 Speciale × 2

こんなことが起こるんです(笑)

458ですらかなり高価なスーパーカーですが、458の最強バージョンであるスペチアーレが、それも2台続いて・・・

IMG_4913Ferrari FF & Lamborghini Aventador(LP700-4) & Lamborghini Gallardo(LP560-4)

続いて、総額1億円オーバーの渋滞です。

こんな車でニュルを走るのは、金銭的にも技術的にもかなりハードルは高そうですが・・・

3台で1億円を超える渋滞ですが、1台で1億円を超える車も・・・

IMG_4896McLaren P1 & Lotus Exige

ご存知、マクラーレン P1です。

世界限定375台のみ生産され、お値段1億円。エンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドで、合計最高出力は916PS(!)、最大トルクは900N·m(!)だそうです。

なんだか訳のわからない数字が並んでいますが(汗)、ブレーキには日本の曙ブレーキが採用されているのが話題になりましたね。300km/hオーバーから瞬時に減速させる制動力も持ちながら、街中での乗りやすさも考え、さらにブレーキ鳴きもしないというからその技術には驚きです。

続いて、さらに価格が上がってこちら。

IMG_4909Bugatti Veyron 16.4

お値段は2億円オーバー?なんだかもうよくわかりませんが、”とにかく馬鹿高い”ブガッティ・ヴェイロン。

8.8L、W型16気筒、クアッドターボ、最高出力1001PS、最大トルク1250N·m・・・

化け物みたいなエンジンには、冷却水50L、エンジンオイル23Lが必要で、全開にした時の燃費は0.8km/Lだそうです(笑)

コレ以上はコメントしません^^;

IMG_4887Nissan GT-R(R35) & Porsche 911(type 997) GT3 RS & Audi R8 spyder

とにかく、ここは世界中のスーパーカー&スポーツカーが集結しています。

クルマ好きにとって走るのはもちろん最上級の楽しみ方です。

しかしそれ以外にも、日本からニュルブルクリンクへ行き駐車場を眺めていると、日本未発売の新型車や、個性的にカスタムされた車が溢れかえっており、駐車場を歩くだけでまさに”モーターショー”と”東京オートサロン”を合体させたような楽しさも味わえてしまいます。

何度も言うようですが、クルマ好きにとっていろんな楽しみ方が出来るニュルブルクリンクは、まさに楽園なのです。

ホームへ戻る

 Posted by at 18:06
8月 302015
 

ドイツ車編をやりましたが、次は日本車編です。

ドイツと並ぶ世界有数の自動車大国である日本は、ドイツにも負けず劣らずのスポーツカーを作っています。

そんな中から、ニュルブルクリンクで見かけた日本車を紹介します。

IMG_4955Toyota GT86

日本で大ヒットしたスポーツカーは、欧州でも売れているようです。

ポルシェと張り合える走行性能はもちろんありませんが、低い限界と調度良いパワーで運転する愉しさが売れた要因でしょうか。そういえばTop Gearでも高評価でしたね。

IMG_4937Toyota SUPRA(JZA80)

日本でも数は減ってきている気がしますが、日本同様ドイツにもファンはいるみたいです。

見たことのない色で、目立っていました。

IMG_4885Honda Civic(EF) & Civic(FD)

VTECは世界的に高評価を得た名機だけあって、新旧のシビックが走っています。

そしてホンダ車と言えば、こちらも・・・

IMG_4943Honda S2000(AP2)

女性が運転するブルーのS2000。いい感じに車高が落とされていて格好良いです。

AP2と書きましたが、この色が後期型にしかなかったような気がしただけで確信は持てません(笑)

IMG_4945SUBARU WRX STI(GDB)

IMG_4939SUBARU WRX STI(VAB)

やっぱりこの車は世界中で人気があります。写真を撮り忘れましたが、GC8もいますし、最新型のVABもいます。もちろん日本ほど数は多くありませんが、WRXは全世代合わせて7台くらい見ました。

IMG_4957Mitsubishi Lancer EVO Ⅸ & Nissan GT-R(R35)

インプレッサの対抗馬と言えば、ランエボ。

またまたⅧだかⅨだか正直ワカリマセン^^;(見た目上の違いってあるんですかネ?)

そしてやはり、ニュルで一番多く見かけた日本車はヤッパリR35型のGT-R。

“ジャパニーズスポーツカー”として量産されている車の中では一番高価ですが、ポルシェが走り回っているだけあって、それに対抗出来るGT-Rも人気があるようです。

さすがに、ニュルのタイムを大々的に公表しているだけあって、速いです。

IMG_4948Mazda MX-5 & Nissan 350Z

R35ほど多くはないにせよ、次いで多かったのはやはりロードスター。NA、NB、NCと3世代見ました(NDはさすがにいませんでした^^;)
さすが「世界一売れた2人乗り小型オープンスポーツカー」としてギネスに登録されているだけあります。

Z33も、ガチガチにチューニングされているのも含めて3台見たので、結構人気があるみたいです。というか、Zは誕生から進化も含めて海外寄りの車なので、海外の方が”Z Car”の名前はより知られているような気がします。

ニュルを走る車の割合では、当然圧倒的にドイツ車が多いです。なので、普段日本を走っていてもなんとも思わないようなスポーツカーが走っているだけでも写真を撮ってしまいます(笑)

確かに高級スポーツカーの多いニュルブルクリンクですが、ここではタイムを競い合う楽しみもありつつ、自分の愛車で楽しく走ることも目的です。(特にTouristenfahrten)

国隔て無く、性能関係なく、自分の好きな車ならバンだろうとトラックだろうと、なんでも良いのです(笑)

ホームへ戻る

 Posted by at 21:27